6MeV Xバンド加速器

弊社が放射線治療装置用に開発した6MeV加速管を販売致します。
RF周波数帯をXバンド帯にすることにより、
加速管と立体回路 (導波管類) が
小型・軽量になりました。
お客様のニーズに合わせた仕様の高エネルギーX線発生装置等の設計製造も承りますので、ご興味をお持ちのお客様は是非弊社までお問い合わせ下さい。

電子ビームのエネルギー分布の測定

加速管に電子銃などを接続し、加速として動作させました。 図2はこの加速管に1.2MWのRF電力を投入した時の加速される電子ビームのエネルギー分布の測定結果です。 プロット中の電流値は加速管出口での値です。 この測定結果はシミュレーションの計算結果とほぼ一致しています。
図 : 1 エネルギー拡がりの測定結果。図中の電流はビーム加速電流です。

外観

図2に加速管の外観を示します。全長は546mm、空洞部の外径は50mmとコンパクトです。
電子銃はCF70、ビーム出口と真空ポートはCF34フランジです。導波管とはMOフランジ結合です。
図 : 2 加速管の外観図

仕様

表1~3に加速管の概略仕様を示します。入射ビームに関しては、オプションの電子銃を使うことで対応可能です。
表1 : 加速管基本仕様
方式 サイドカップル型
運転周波数 9300 MHz (Xバンド)
入力 RF 電力 ≥1.3 MW
全長 546 mm
冷却水温度 35 ℃
冷却水量 ≥ 0.53 Liter/channel (水路 : 4本)
表2 : 入射ビーム
電子銃電圧 20 kV
ビーム電流 330 mA
表3 : 出力ビーム
ビームエネルギー 6 MeV
ビーム電流 100 mA (パルス内平均)
パルス幅 max 4 μsec
繰り返し max 250 pps

オプション機能

表4に本加速管のオプション機器を示します。これらを合わせて購入することにより容易に加速器システムの構築が可能になります。
表1 : 加速管基本仕様
機器名称 概略仕様
電子銃 方式 三極管
電圧印可 DC or パルス運転
運転電圧 ≤ 20 kV
RF 窓 導波管規格 WR-112
フランジ 真空側:MOフランジ (加速管に接続)、SF6 側:フラット、ユーザーのフランジ: UG-52B/U (チョーク)
ターゲット 絶縁付き (ビーム電流測定が可能)